【セルフケア】老人性乾皮症の対策方法

脚のすねや、腰回りやお腹、脇腹など主に下半身中心に乾燥、かゆみが起きるのが老人性乾皮症の特徴。

皮膚科にかかることで塗り薬や飲み薬が手に入りますが、多くの人が市販のクリームなどでケアしています。

でも市販のクリームでは老人性乾皮症はあまり良くなりません。なぜなら、その乾燥とかゆみの原因の一部分にしか効いていないからです。

【チェック!】本当に老人性乾皮症?

老人性乾皮症はだいたい60代以降になると言われていますが、女性はそれより早い時期になりやすくなります。

また若い世代でも同様の症状になります。老人性乾皮症と診断されることはなくても、原因がほとんど同じ乾燥肌ということはよくあります。

本当に老人性乾皮症なら深刻な話ではありません。でも違う原因の場合、セルフケアでは悪化する一方です。とくにかゆみの範囲が広い、常時かゆい、赤くなっている、落屑がひどいといった場合は違う皮膚疾患、もしくは肝臓など内臓疾患の症状かもしれません。乾燥とかゆみの程度、範囲がおかしい場合は皮膚科に診てもらいましょう。診察は一瞬なのでストレスは感じませんので。

服を脱いだときに痒くなりますか?

老人性乾皮症の特徴として、特に秋冬の乾燥した時期に限って、服を脱いだときに痒くなる傾向があります。

お年寄りが常に体をボリボリかいているかというとそうではなくて、お風呂に入る前や着替えるときにポリポリしだすことが目立ちます。

これは、乾燥した肌が衣服に守られていたところ、急に外気に触れることで刺激を感じ、かゆみ神経が反応してしまうためです。だから老人性乾皮症というのは主に、普段服に隠れている場所が多いんです。

  • お腹
  • 背中
  • 太もも
  • スネ

このあたりが痒くなりませんか?

このように、普段は痒みを感じることがないけど、外気に触れたときに痒くなるケースは老人性乾皮症によく見られる傾向。当てはまるから老人性乾皮症であり、内臓疾患の痒みではないとは限りません。一つの参考事例として見てください。

老人性乾皮症の分かりやすい仕組み

1.加齢で肌水分量と皮脂分泌量が落ちる

歳を重ねると肌細胞の入れ替わりが鈍くなります。同時にセラミドなどの細胞間脂質、アミノ酸などのNMFといった重要な保湿成分生産量も落ちます。

歳を取ると誰だって乾燥肌に傾きます。

同じく皮脂分泌量も減ります。

思春期のときから20代、30代くらいまでは皮脂量が多い傾向ですが、それ以降は減少しやすく、老人世代になると脂っけがなくなるのは共通症状です。

2.バリア機能が落ちて細かい刺激を受けやすくなる

肌は異物や刺激を跳ね返すバリア機能を持っています。このバリア機能は皮脂と肌水分量で構築されています。

皮脂膜が異物の侵入を防ぎ、刺激も緩和。それを通り抜けた刺激は、角質層内にある水分量でブロック。

でも老人性乾皮症になるとバリア機能の核となる皮脂と水分は両方ともガタ落ち。つまり鍵も窓も開けっ放しの部屋に住んでいるようなもの。刺激という肌への強盗が押し入り放題です。

3.刺激がかゆみ神経を活発化させる

多少の刺激くらいなら一時的に痒いだけで済みます。しかし刺激が続くと、かゆみ神経がある意味興奮状態になります。

本来、かゆみ神経というのは肌の奥の方で待機しています。異物や刺激が来たぞ!というのを、ここまで来たら危ない!という位置で待ち構え、体に知らせる役割をしています。

でも刺激が頻繁に侵入してくると、これはもっと前の位置で感知したほうがいいな!ということで、より肌の表面近くまでニョキニョキ伸びてきていまいます。

こうなるとちょっとした刺激、つまり外気の乾燥ぐらいでピリピリ、ムズムズが発生してしまいます。

老人性乾皮症の実はイマイチな対策方法

尿素配合クリーム(ダメなわけじゃないけど……)

老人性乾皮症になると角質が分厚くなります。肌細胞(表皮)の入れ替わり、ターンオーバーが遅れて古い角質が溜まってしまうからです。

この固くなった角質がある程度取れない限り、肌水分量は戻ってきません。なのでこれを取り除くケアが老人性乾皮症に有効とされています。

そこで活躍するのが尿素。尿素は肌水分量を支えるNMFの一つで、さらに角質を柔らかくする作用があります。なので硬くなって乾いた角質をほぐし、老人性乾皮症の改善につながるというわけ。

でも実際はあまり変化がありません。確かに硬い角質が柔らかくなるのですが、ほとんどそれだけで終わりです。

結局のところ年齢によりターンオーバーが鈍っているため、古い溜まった角質を取り除いても思い通りにターンオーバーが活性化しないからです。

なので多少の改善は見込めるものの、劇的な効果というのは期待できません。また尿素も刺激性があるため、肌状態によってはそもそも使えないこともあります。

尿素が効かないというわけじゃありません。入っていて活躍するのですが、量が足りないから効かないというわけじゃない、ということはしっかり覚えておく必要がありますね。

油分の多いこってりしたクリーム

老人性乾皮症は皮脂の欠乏が原因の一つ。なので油分を補えるこってりしたクリームがよく選ばれます。

確かに油分を補うことでバリア機能が補完されます。

ただ、皮脂膜というのは本来ベタッとした状態であるものではなく、手で触るとサラッとした感触です。クリームでベッタリさせた状態が肌にとって正しい状態ではありません。

油分が大量にあってもバリア機能はほとんど変わりません。ワセリンのように硬くて持続するものなら別ですが、量を塗っても老人性乾皮症の改善につながるわけではありません。

そもそも、一番重要なのは肌水分量であり、皮脂量はそれに比べると重要度が落ちてしまいます。

年齢は関係ない?20代でもなる老人性乾皮症の原因

老人性乾皮症は主に60代以上の人がなる乾燥肌症状とされています。でも20代でも老人性乾皮症と同じ状態になる人がいます。

つまり年齢と関係なく、乾燥とかゆみは発症するというわけ。

体の洗いすぎ・こすりすぎ

お年寄りは昔からの習慣で、体を洗うときに強くこすりすぎます。

特に最近は化学繊維のタオルやスポンジを使う人もおり、昔ながらのタオルより摩擦力が増えています。そのため汚れと垢以上に、まだ落としてはいけない角質を無理やりこすり落としてしまいます。

芸能人のタモリさんは、ぬるま湯に浸かって体を手で優しくさするだけ。これで汚れの大半は落ちるとして話題となったことがあります。

体の汚れは主に汗と皮脂。その内、皮脂が年齢によって減っているため、人は年々体の洗い方を弱めていく必要があります。でも昔のままの洗い方で強くこすってしまいがち。

そのため角質層の中のセラミドやNMFが流出し、肌水分量を保てなくなり乾燥が悪化。老人性乾皮症に発展します。

だから若い人でもゴシゴシ洗いすぎる人は老人性乾皮症と同じ症状になってしまいます。

洗浄力が強い石鹸・ボディソープを使いすぎる

歳を取ると体の汚れは落ちやすい状態になります。皮脂が少ないからです。油汚れは頑固ですが、油がなければ水で落ちやすいですよね。

でも石鹸をたっぷりとタオルにこすりつけたり、最近の洗浄力が強い、スッキリタイプのボディソープを使う人は大勢います。

セラミドなど細胞間脂質は油分なので、洗浄力が強い洗浄成分によって洗い流されてしまいます。さらにゴシゴシしてしまうとなおさら。

若い人も体を綺麗に保ちたいという欲求から、洗った後にスッキリするボディソープを選ぶ人がいます。いくら若くて皮脂量が多くても、続けると乾燥してくることがあります。若い人でも洗いすぎている人が多く、肌が荒れ気味な人がいます。

長風呂・熱いお風呂(毎日はダメ)

年配の人ほど温度が高いお風呂を好みがち。若い人は美容のため、デトックスのためということで長風呂しがちな人がいます。

どちらも度が過ぎれば老人性乾皮症の原因です。

油汚れは水よりお湯のほうが落ちやすいですよね。特に熱湯ならなおさら。つまり温度が高ければそれだけ皮脂、セラミドを落としてしまうというわけ。

また長風呂をすると指先が白くふやけますよね。これは角質内に水が入り込んだせいなのですが、体全体も過剰に水が入り込んだ状態になります。

無理やり角質層内に入った水分は、お風呂上がりに蒸発します。その際に、元々体内にあった水分も一緒に引き連れて蒸発します。さらに一度水分で膨らんだ角質細胞は、細胞壁が脆くなって弱くなります。そのため水分を保持する機能、バリア機能ともに低下してしまいます。

ただでさえお風呂上がりは乾燥しやすい状態。それがお湯の温度と入浴時間でさらに悪化してしまいます。

体の乾燥(肌水分量不足)を解決する方法

老人性乾皮症は、まず皮脂の不足があります。これは自力で増やすことが困難なため、クリーム等で補うしかありません。でも、少し補えば十分で、たくさん補っても老人性乾皮症は良くなりません。

老人性乾皮症の根本原因は「肌水分量」。セラミドなどの細胞間脂質とNMF。それに伴い整う整った角質です。ここを整える、できるだけ回復させるのが老人性乾皮症対策のベストです。

赤い・かゆみが続く場合は皮膚科へ

かきむしってしまい赤くなっている、掻いていないのに赤い、かゆみがずっと続いている場合。こういったケースはセルフケアではどうしようもありません。

炎症を抑える成分(グリチルリチン酸二カリウム)が配合された塗り薬も市販されていますが、炎症系はアトピーのように扱いが厄介です。自己判断に任せると症状がひどくなる確率が結構あります。

またかゆみが続く、強い場合もセルフケアでは困難。抗ヒスタミン剤などかゆみを抑える飲み薬などを用いて、一旦症状を落ち着けて掻きむしるのを抑えないと、いつまでも創傷と回復を繰り返すことに。次第に跡と黒ずみが残り、見た目が像の皮膚のようになってしまう可能性があります。

いわゆるちょっと乾燥している、痒みが出ることがある、といったレベルを超えているなら、一度は皮膚科で診てもらったほうが、セルフケアするにしても原因と対策が絞れるので楽です。

アトピー肌向けの入浴剤を使う

老人性乾皮症の人はお風呂に入る度に症状が悪化します。どうしてもお湯によりセラミドが流されるからです。

これを食い止めるために、保湿作用のある入力剤が用意されています。

一般的な入浴剤はしみる場合があります。ただアトピー肌のように肌が弱い人向けに開発された入浴剤は、刺激性を避けつつ、お湯にセラミドが持っていかれない工夫がされています。

アトピー肌は老人性乾皮症がよりひどくなり、原因が特定しづらい症状です。この症状向けに作られている入浴剤は、特に老人性乾皮症の人にとアピールされていないものの、使うことで確かな満足を得ることができるので注目。

セラミドを補う

皮膚科ではヘパリン類似物質配合のクリーム(ビーソフテンやヒルドイドなど)が処方されることがあります。

刺激性がなく、血流を改善しつつNMFのように水分を保持する作用があります。ベタつきもあまりなくて非常に使いやすい製品です。

これだけで乾燥がピタッと止まる人も多いはず。なのでこれを安く処方してもらうためにも、皮膚科に一度訪れるのはメリットがあります。

ただヘパリン類似物質がパーフェクトかというと違います。

ヘパリン類似物質はNMFと似た性質を持つため保水性があります。ただNMFというのは角質細胞の中にある成分で、それ単体で保水性を100%発揮できるものではありません。

また肌水分量の約半分以上がセラミド。NMFは10%に満たない程度とされています。やはり肌水分量の要はセラミドになるというわけです。

だからセラミドを補えれば言うことなし。

老人性乾皮症は何かと油分だったり尿素だったりを塗りつけるセルフケアが目立ちますが、肌の仕組み、この症状の原因を考えると、セラミドを補うセルフケアが一番理にかなっていると言えます。

セラミドで老人性乾皮症対策する場合のポイント

なるべくシンプルで安価、かつ品質に優れたゲルかクリームを選ぶ

保湿化粧品の中でセラミドメインの製品は若干価格が高めです。

でも、それは主に顔用の基礎化粧品の話。特に顔用と定めていない場合は、美容成分などを省いているため比較的シンプル。そのため価格もこなれているものが目立ちます。

別に顔用の基礎化粧品でもいいのですが、老人性乾皮症のように荒れやすい肌質には合わないことが考えられます。また塗る範囲が圧倒的に広くなるため、顔で1ヶ月持つ量なら半月でなくなってしまい割高になります。

かといって安い、量が多いだけならダメ。ヒアルロン酸などと違い、セラミドは結構ピンキリがあります。

セラミド製品は「塗る」ではなく「なじませる」

老人性乾皮症になると保湿クリーム頼りになりがち。たっぷりベッタリと塗りがちですが、セラミド製品は角質層に浸透してこそ機能を発揮します。

ですから肌に塗るより馴染ませる感じで使うのが正解。ちゃんとした製品なら、グリグリゴシゴシこすらなくても、サーッと伸ばすだけで肌に吸い込まれていきます。

そういった製品である場合、塗りすぎているかどうかのサインは簡単です。いつまでも肌表面にベタつきが残っているようなら塗りすぎです。角質層は厚みがあまりありません。浸透するにも限界があるので、本当に少量で十分です。

一般的な保湿クリームより圧倒的にベタつきません。とても自然、かつ内側から潤いをしっかりとどめて潤いのバリアを形成してくれます。

ライスパワーエキスNo.11が大活躍するかもしれない

乾燥肌にいいとされる薬でも、実際に成分を見たら尿素だったりNMF的な働きをする成分が入っているものに留まります。

でも一番欲しいのは、セラミドなど細胞間脂質、NMFを増やすのを促進させ、ターンオーバーを改善させるような薬です。でもそんな薬品はありません。

ただそれに限りなく近いのがライスパワーエキスNo.11です。これは肌のターンオーバーに働きかけ、セラミドの生産を促す成分。皮膚水分保持機能改善作用が認められている医薬部外品成分です。

元々は医薬品認定を目指していた成分なので、これ以上老人性乾皮症のための製品として近いものはないかもしれません。

だからといって医薬品ではないため、老人性乾皮症に効くというわけではありません。でもそこら辺の保湿クリームより遥かに期待できますし、何よりベタつきません。老人性乾皮症は体の腹から下に起きやすいため、クリームのベタつきがあると下着にくっついたりして不快ですよね。ライスパワーエキスNo.11製品の場合、クリームでもそれが全く感じられないのがいいところです。

【ちょっとしたコツ】ライスパワーエキスNo.11は気持ち多めに塗るといい

老人性乾皮症のセルフケアにクリームのたっぷり塗りは意味がないと説明しました。

でもライスパワーエキスNo.11に関しては、気持ち多めに塗ったほうが潤いの実感は強くなると思います。潤いを与えるのではなくて作り出す改善機能のため、少しだけではその作用が現れにくいと想像されるからです。

ライスパワーエキスNo.11配合のクリームは非常にあっさりしており、少量で満足してしまいます。なので使用量が想定より少なくなってしまう人もいると思います。たっぷり塗って肌に余っても意味はありませんが、少なすぎても意味がありません。かなり使いやすいメリットが、逆に使用量を不足させてしまっていることもあるので注意。

あと、老人の中には効かせようとしてお風呂で乾燥部位をしっかり洗ってから使う人がいますが、それをやるといくら肌に優しいライスパワーエキスNo.11クリームでも荒れてしまいます。余計にかゆみがひどくなるので、あくまで馴染ませるだけにしましょう。

体もO.K.で刺激性カットなセラミドクリーム

医薬部外品の潤い改善
ライスパワー アトピスマイル

油分控えめであっさりなクリーム。伸びがめちゃくちゃ良くて、塗ってすぐに上から下着を履いても気になりませんね。

でもセラミドを増やす皮膚水分保持機能改善機能が時間をかけて潤いを与えてくれます。機能性と使いやすさ、刺激性の心配の無さなど全て揃ったクリームは他にはないでしょう。

元々はアトピー肌の人のために開発で生まれた成分。その初の製品化となったのがアトピスマイル。それ以降大きく変わらず今まで売れ続けています。

500円の高品質セラミド
ティモティア 保水バリアクリーム

500円でトライアルできる珍しいセラミドクリーム。ただのセラミドではなく、セラミド本来の良さを引き出すラメラ結晶化状態。他のセラミド配合クリームよりべたつかず、サラッとしているのに潤いが強いのが特徴です。

またNMFアミノ酸も多数配合。オイル分は控えめで使いやすく、潤いの元はたっぷりと補えるため、体のどこでも快適にピリピリから守ってくれます。

アレルギー原因となるタンパク質成分を極力排除した低刺激性も魅力。通常はトライアル1,500円以上がセラミドクリームの常識。とりあえず試してみるには最適ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加